~convenience~

ひまわり在宅クリニック、ブログ担当総務の青木です。

 

世の中というのは年が経つにつれ、必然と便利になっていくものです。

 

2008年、apple社が初めて初代iPhoneを発表した際は現在ほど普及していませんでした。しかし、なぜそれが現在では当たり前のように使われているかというと『便利』だからです。画面をタッチするだけで可能な通信手段、端末をかざすだけで決済できる機能・・・その為には端末を動かす為のオペレーションシステム=OS(オペレーション・システム)、それと連携して動くアプリ、『LINE』や『Facebook』、『snow』などがあります。

大手飲食店チェーン『スシロー』はアプリを使えば、店頭でテーブル空きを待たなくても席に座れる予約機能がついていて、「今予約を入れれば何分後に席に座れます」という情報が得られます。このアプリ、2018年2月の時点でダウンロード数が850万件超となっています。なぜこんなにも利用されているのか?『便利』だからです。

 

 

医療業界においても同様の事が言えるのです。当クリニックは関係者の方々からのご協力を日々いただいているおかげで24時間365日、患者さまのサポートを行えることができます。ケアマネージャー・訪問看護師や訪問薬剤師の方々からのお力添えが当クリニックのネットワーク媒体となり、患者様へのサポートをするために必要な相互関係となっております。ご家族の方々からも訪問時に温かい声援・励まし・感謝の声をいただく事が最近増えてきました。在宅医療は、多種多様な環境で医療を受けたい人が『不便なく』医療を受けることができる『便利』な医療システムであると自身は考えております。

 

 

『ブログ見ゆうきね!』『ブログまた書いてよー!』なんて言われると、脳フル稼働で全力タイピング状態になってしまいます、口元は常にニヤニヤしてしまいます。

 

 

とにもかくにも、当クリニックと連携し動いてくれている関係者の方々、本当に日々感謝しております。お忙しい中、当クリニックまで足を運んで挨拶に来てくれる方々も居まして、嬉しい限りでございます(一方通行の道路で入りづらい点はお許しください、私は逆走しかけたことがあります)

 

 

もうすぐ2月になりますが、この勢いのまま全力疾走していきますので、皆様、よろしくお願い申し上げますm(_ _)m

カテゴリー: TOPICS パーマリンク